混合廃棄物処理に悩むのならネット人に運び出してもらおう

産廃選別の意味

産廃選別の意味と種類

機械

産廃とは、産業廃棄物の事で産廃と略されて呼ばれます。産業廃棄物とは、事業活動によって生じた燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類などがあてはまります。つまり、事業活動によって出てきたゴミの事を指します。ここで、産廃選別とは、中間処理場と呼ばれる所に集められた産業廃棄物を人の手や、機械を使用し種類別に選別していく事をいいます。産廃選別の意味は、有価物の売却や、リサイクル資源の有効利用などを行う上で大事な工程になります。多くの種類の産廃が存在しているため、その中には、リサイクルを行う事ができる物もたくさん含まれています。有限な資源を活用するためにも産廃選別を行い、リサイクルを促進していく事は、企業だけでなく、地球環境にもとても大事な事です。

選別とその後のリサイクル方法

産廃選別を行われた後の廃棄物は、リサイクル資材については砕破、圧縮したり、減容処理を行ったりした後、原料などに出荷されていきます。例えばがれき類などに分類されている、建築現場からでるコンクリートガラは、大きさによって重機で砕破し、その後砕破機でさらに細かく砕破し、大きさを整え路盤材としてリサイクルされています。また、コンクリートガラには、鉄筋が混ざっている事もありますので、鉄筋については、選別し鉄くずとしてリサイクルされています。産廃選別は、大きな産廃や、重い物、危険物なども混ざっている事もあり、産廃選別や処理を行うためには、廃棄物処理業許可と呼ばれる許可書を有していなければ、その業務を行う事ができません。